医療.介護流動化

 医療報酬の流動化(アドバイザリー契約)

流動化成立金額の5%手数料

病院は集患増と医師確保の為、高度医療機器更新を図らなければならない装置産業であり、資金調達環境に拘らず好条件の「調達枠」と「調達レート」が求められます。

流動化提案                                                                

●「確定債権流動化」による有利子負債及び経常支出を早期削減し、資金調達環境を改善(余裕度の高い財務面強化 )                                                         

●「将来債権流動化」によるコーポレートファイナンス実現                         

●債権流動化が「資金繰りが困難な最後の資金調達手段」とは過去な話です。

●装置産業である斯業界は、資金調達手段の多様化は勿論、恒常的なる財務改善が必要であり、その一助として、当社はご案内申し上げております。

●当社には、内国金融機関にもない先進的なノウハウがあります。

●対象債権は「診療」/「介護給付費」/「調剤」の全てになります。

●「資金繰りの最後の手段」でなく、戦略的な財務パートナーとして当社を是非ご活用ください。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0