What's New

15

スーパー次亜水(弱酸性次亜塩素酸水溶液)は、食材や水道水、プールなど広範囲で使われている殺菌剤「次亜塩素酸ナトリウム」のpHを弱酸性に調整した除菌水です。
安全かつ強力な衛生管理用水として注目と信頼を受けています。

スーパー次亜水を活用した安全安心な環境整備のご提案とシステムのプランニングをおこなっています。

強い除菌力
○ スーパー次亜水は、従来より殺菌用に使われてきた次亜塩素酸ナトリウムの
  pHを希塩酸で弱酸性に調整したものです。
  弱酸性にすることにより除菌効果の高い次亜塩素酸の存在比が大きくなり、
  除菌効果を高めることが可能です。
  また、薬剤への抵抗性が高い芽胞菌やウイルスに対してもご使用いただけます


pHの違いによる除菌効果の検証 (キュウリ試験/於・当社)試験方法)
  市販のキュウリを同じ有効塩素濃度の次亜塩素酸ナトリウムと
  スーパー次亜水(pH6.0)に30分間浸漬。
  浸漬後、キュウリ表面をふき取り、一般生菌を測定しました。


殺菌が難しいといわれているキュウリですが、スーパー次亜水を使用することで 菌数の制御が可能です。

▶ 空間除菌消臭効果
○ スーパー次亜水空間除菌・消臭システムは、室内の空気を細かな
  スーパー次亜水の霧で除菌・消臭します。
  設備を導入することで、イヤなニオイのない快適な住空間に保ちます。


○ アンモニア、硫化水素、メルカプタン類など、
  様々な悪臭物質に消臭効果を有しています。
  芳香剤のように他のにおいでごまかすのではなく、
  悪臭成分を元から分解するため、様々な場面での使用が可能です。
  さらにスーパー次亜水を清掃と噴霧の両方で活用することによって、
  より効果的に環境中の不快なにおいを消臭します。
  特に、汚物臭・食物臭・ペット臭・タバコ臭などに高い効果があります。

▶ 高い安全性
○ スーパー次亜水は、低濃度で非常に高い除菌力をもっています。
  弱酸性・低濃度で使用するため皮膚にやさしい除菌水です。
  高い分解性と低い残留性をもち、環境にやさしい除菌水でもあります。
  また食品や生体に直接使用しても影響がほとんどない安全性の高い資材です。
  【安全性のテスト】
    岡山大学との共同研究により、スーパー次亜水の安全性試験を行なっています。
    各種試験を行い、いずれも安全性を確認しています。

    ▶ 経口投与試験:::ラットを用いたスーパー次亜水の経口投与試験
    ▶ 噴霧吸入試験:::ラットを用いたスーパー次亜水の噴霧試験
    ▶ 皮膚刺激性試験::ラットを用いたスーパー次亜水の皮膚刺激試験
    ▶ 眼刺激性試験:::ラットを用いたスーパー次亜水の眼刺激試験



▶ 低コスト
○ 従来の殺菌消毒剤の価格と比較すると70%~80%の薬剤コスト軽減が可能です。
  スーパー次亜水のランニングコストは、1Lあたり1円以下。薬剤コストを大幅に削減できます。

○ 作業時間の短縮により、人件費削減・作業の大幅な効率アップが実現します。
  従来の次亜塩素酸ナトリウムよりも除菌力が高く、除菌スピードも速いため、
  薬液量の低減、作業時間(20分⇒4分)短縮、使用水道水量低減(50~70%)のメリットがあります。

▶ 環境負担が少ない
○ 従来から使用されてきた次亜塩素酸水はアルカリ性であり、排水する前に大量の中和剤を使用する必要がありました。
  また高濃度で使用されていたため、環境に与える負荷も大きかったのです。

  スーパー次亜水は環境に与える負荷が極めて少ないため、環境対策にもご活用いただいております。
  それでは、環境負荷が少ないとはどういうことでしょうか?
  【低残留性】
    ▶ 有機物接触で分解:排水中、自然環境中に存在する有機物に接触すると分解されます。   
    ▶ 乾くと分解::::次亜塩素酸は水中でしか存在しないためスーパー次亜水は乾くと分解されます。
    ▶ 紫外線で分解:::次亜塩素酸は紫外線に長時間さらされると分解されます。
  【低濃度で使用】
    ▶ スーパー次亜水は除菌効果が高いため低濃度で使用できます。
      次亜塩素酸ナトリウムより低濃度(約5分の1)で使用できるため、環境負荷を減らすことができます。

  【中和処理が不要】
    ▶ 高濃度で使用されてきた従来の次亜塩素酸ナトリウム水は、浄化槽のバクテリアに影響があったので、中和処理が必要でした。
      スーパー次亜水は弱酸性・低濃度であり、また自然分解性が高いので、中和処理が不要です。
      *大量にスーパー次亜水を使用される場合は、中和処理をお勧めしています。

▶ 米国EPAで環境消毒剤としての認可を取得
○ スーパー次亜水の米国ブランド(Hsp2O)は、平成23年7月に
   EPA(Environmental Protection Agency/米国環境保護庁)から
   環境消毒剤として認定登録されました。
   この度、平成26年1月に追加項目が更新され、
   その抗菌スペクトルの範囲が広がりました。
                   ※(Hsp2O) は登録商標です。



▶ Hsp2OのEPA認可内容
○ Hsp2Oの使用対象は、非多孔性の無生物硬表面となります。
   使用場所は、病院、歯科診療所、家庭、公共施設、保育施設、ヘルスクラブ、実験・研究室、獣医やペット施設を含む商業施設、
   食品加工施設、農業施設、輸送、ホスピタリティー施設、工業施設等での使用が可能です。


▶ EPAとは?
アメリカ合衆国環境保護庁 (Environmental Protection Agency)の略称。市民の健康保護と自然環境の保護を目的とするアメリカ合衆国連邦政府の行政機関です。EPAは環境表面を対象とする消毒剤について、効果と安全基準を確認し、認可を行います。

米国の医療機関ではCDC(Centers For Disease Control and Prevention/米国疾病予防センター)のガイドラインが院内感染対策の基準となっており、EPAやFDA(Food and Drug Administration/米国食品医薬品局)の認定登録品を使用するよう推奨されています。
大震災被災地の衛生環境向上に銀イオン水を役立てるプロジェクト
一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワークでは、2011年5月13日(金)に、東日本大震災の被災地域復興のための多様な「学び」と「仕事」を生み出す『きぼうの学校プラットフォーム』を設立いたしました。

本プロジェクトには、被災地の復興支援に取り組むNPO・企業・省庁が参加し、設立と同時に複数のプロジェクトを展開しています。

その中に、避難所や仮設住宅の衛生環境向上に役立つ銀イオン水の提供をおこなっているプロジェクトがあります。

手軽に除菌・消臭・抗菌効果のあるイオン水が作れる、銀イオン・OHラジカル生成ペレット「MANA‐TURA(マナチュラ)」を使用して、避難所などの衛生環境向上に役立てようというものです。

銀イオンを利用したドレンスライム防止剤
高砂熱学工業は、空調ドレンでの漏水事故原因となっているスライム発生防止を目的に、銀イオンの抗菌効果に着目し、信頼性の高い抗菌を実現するドレンスライム防止剤「エイジークリーン(Agクリーン)」を開発、グループ会社の日本フローダ株式会社から2011年12月20日より販売を開始しました。

「エイジークリーン(Agクリーン)」は、独自技術の溶出方式(特許出願中)を採用し、冷房シーズンに24時間連続運転をおこなう施設でも6ヶ月間、抗菌効果に有効な濃度の銀イオンの安定供給が可能となっています。医療・福祉施設や、飲食・食品施設等から同社に寄せられた相談を解決するため、開発をおこなったものです。

※商品の概要は、全て紹介サイトからの抜粋です。

花粉症の季節に・・・花粉対策の銀イオン関連製品紹介
今年も花粉シーズンとなりました。今回は花粉対策に利用できる銀イオン製品を紹介します。

※商品の概要は、全て紹介サイトからの抜粋です。


銀イオンシェシェ

花粉対策や除菌・殺菌、消臭などさまざまな効果のある本製品は、不純物の少ない精製水を使用し、銀イオンの割合をやや高めに作られています。お部屋の除菌や消臭などはもちろん、外出時など様々な場面で幅広くご使用が可能です。

◇年内にも販売
 福島大学(福島市)は、高濃度の銀イオン水を使い、ニキビ予防や治療に効果がある美容液を開発した。防腐剤やアルコールは含まれず、肌に優しいという。年内にも発売する。

 開発したのは、共生システム理工学類の八代勉教授とゼミの学生4人。昨秋から、メッキ加工などの技術を持つベンチャー企業「テルフ」(群馬県太田市)から銀イオン水精製技術の提供を受け、商品化を検討してきた。

 県立医大(福島市)の協力で実験したところ、水の銀イオン濃度が10ppmを超えると強い殺菌効果が表れ、30~40ppmでニキビの原因となる「黄色ブドウ球菌」と「アクネ菌」がほぼ全滅することが分かった。

 美容液は30ppmに調整し、保湿効果のあるコラーゲンや、肌への浸透効果を高める低分子ヒアルロン酸ナトリウム、肌の引き締め効果があるクエン酸を混ぜた。銀イオンは刺激が少なく、アルコールや油などを使ったニキビ用クリームと比べて安全性も高いという。デザインや名称は未定で、60ミリリットル入り1000円前後での販売を検討している。

 八代教授は「これまでも銀イオン使用をうたった商品はあったが、濃度が低すぎるなど効果が怪しいものが多かった。今回の商品は万人にお薦めできる」と話している。【関雄輔】

鳥インフルエンザ感染防止に銀イオン水を寄贈
今年1月、宮崎県の農場で飼養されている鶏から高病原性鳥インフルエンザの発生が確認されました。その後、鹿児島県でも確認されるなど、広がりを見せています。

2月3日、社団法人「日本生活問題研究所」が青森県養鶏協会に、銀イオン水を1000個寄贈致しました。銀イオンの安全性と除菌力に着目し、鶏舎内への銀イオン水の噴霧や鶏の飲料水として使用することで、鳥インフルエンザの感染防止へ役立つことが期待されています。
フィルター製造の「NDE」(伊丹市)は、福祉施設や食品工場の出入り口で自社の除菌液を噴霧する機器を開発した。入場を検知し、頭上からタイミングよく適量を振りかける。伊丹市内の福祉施設が昨年末に導入し、「ウイルス感染の防止などにつながれば」と期待している。


 同社は数年前から、弱酸性の純水と銀イオンを原料とする除菌スプレーを製造。大腸菌や黄色ブドウ球菌などの滅菌効果を確認した。除菌液を加湿器のように噴霧する卓上機器も開発した。

 しかし、卓上機を出入り口に置いた場合、噴霧し続けると、多量の除菌液が必要になってコストがかさむ。そのため、出入り口の通行時だけ機能する製品がほしいとの声が上がった。

 同市の特別養護老人ホーム、伸幸苑と共同で昨年8月ごろから実験をスタート。入り口の風除室の天井にセンサーを据え付け、来場者を検知。天井に近い2・4メートルの高さに渡したパイプから除菌液を振りかける。通行時間に応じて噴霧量を調整し、むだを抑えた。

 NDEの除菌液は香料や薬剤を使わないため、液がかかった素材を変質させず、人体に影響を及ぼす心配もないという。加えて消臭効果も望めるという。

1月27日(木)、ウェザーニューズ社が、東京都や神奈川県、静岡県が花粉シーズンに突入したと発表致しました。これは、ある一定の花粉飛散が確認され、花粉に敏感な人には症状が出始めるレベルに達したということのようです。

また、環境省が同日発表した「平成23年春の花粉総飛散量及び飛散開始時期の予測(第2報)」によると、スギ・ヒノキ科の花粉飛散は、関東以西で3月上旬から中旬、東北では4月上旬にピークを迎える見込みで、飛散量も猛暑の影響から昨シーズンの2~10倍にも達すると予測されています。

花粉症の方には大変つらい季節ですが、花粉対策にもさまざまな銀イオン製品が活躍しています。
。加湿器に入れるだけで部屋中に銀イオンが届きわたり、銀イオンの力でウィルスを滅菌。また室内の花粉に吸着して花粉症対策を軽減する効果も期待できる。

浴室などの水を使う場所は、雑菌が繁殖しやすい環境にあり、その雑菌が原因となる床や排水口のヌメリ、においが気になる方も多いかもしれません。

TOTOから発売されているシステムバスのオプション機能として、浴室の雑菌増殖を抑えるために銀イオンの抗菌力が利用されています。

オプション機能「ヌメりま洗Ag+」は、スイッチを押すだけで、浴室のカウンター下部に設置されたノズルから、床や排水口に抗菌力のある銀イオン水を散布します。雑菌の増殖によるヌメリやにおいを抑えて、清潔に保てるようになっています。

狭い空間で、空気がこもりがちな自動車の室内では、内装接着剤やタバコ、シートなどに付着したゴミや人間の汗などの様々な原因による悪臭があります。

そうした悪臭を撃退するためには、即効性のある除菌と、持続性のある抗菌を効果的におこなって消臭したいものです。

高い技術力を持ったカーコーティングのプロフェッショナルに資格を認定し、全国で「KeePer PRO SHOP」を展開するアイ・タック技研株式会社が提供する車内除菌・抗菌・消臭システム「オールクリア」は、即効性と持続性の効果を組み合わせています。抗菌には、銀イオンを主成分として利用しており、3~6ヶ月以上の抗菌効果で車内を清潔に保ちます。
9月18~20日の3日間、大阪市のインテックス大阪にて国内最大級のペットイベント「Pet博2010 in 大阪」が開催されます。

Pet博は「ペットと人との新しい共生」がテーマです。期間中は、ドッグファッションショーなど様々なコンテンツがおこなわれ、ペット愛好家の方々が一日中楽しめるイベントとなっています。

このPet博に、株式会社テクノアートが全自動ドッグランドリー「AQUA」の体験ブースを出展いたします。「AQUA」は犬種を問わず自動で簡単に愛犬のシャワーができる洗浄機です。「AQUA」は洗浄にシャンプー(石けん)などを使用せず、「銀イオン温水Ag++ナノバブル」で洗浄するので、優しく汚れを落とし、除菌・抗菌効果で愛犬を守ります。

銀イオンコラム第3回でも書かせて頂いたように、夏場は食中毒などのリスクが特に高まる季節です。食中毒を防ぐ方法として、キッチン用品の除菌・殺菌や消毒が大切ですが、銀イオン成分を含んだキッチン用品も数多く販売されています。

人体への安全性の高さが各種試験の結果で認められている銀イオンを利用したキッチン製品を上手に利用することで、食中毒リスクの回避しましょう。今回は身近なキッチン用品の銀イオン製品をご紹介します
神戸の素材メーカー・日本新素材株式会社が開発した、銀イオン水ならびに銀イオン不織布の評価試験(試験機関:鳥取大学農学部付属鳥由来人獣共通感染症疫学研究センター)において、銀イオン水が鳥インフルエンザウイルスの不活性化(死滅)に効果があるとの結果が出ました。

強毒性のウイルス「H5N3」に対して、銀イオン水は99.999パーセント以上、不織布は同99.98パーセントを不活性化。

同社ではこの検証結果を受けて、空気清浄機などの開発を進めるという。

※日刊工業新聞 2010年5月12日付 24面掲載
「鳥インフル 銀イオン水で不活化」より抜粋

太陽の塔でおなじみの万博記念公園内にあるホテル阪急エキスポパーク(大阪府吹田市)内のウェルネスクラブ・VITAに昨年登場した温浴施設「岩盤浴夢蒸楽インエキスポパーク」で週2回、営業終了後に散布している消毒剤のことです。

Agモイストは特に消臭効果が高く、最近では制汗スプレーにも含まれるなど、その効能は折り紙つきです。常に清潔な空間を保ち、お客様に安心してご利用いただくためにも、用途に応じた消毒殺菌を実施しており、Agモイスト以外にオゾン殺菌、植物性の殺菌抗菌剤などを用いるほか、岩盤表面をバーナーで焼く滅菌も行っております。これらは有馬ビューホテル「太閤夢蒸楽」で行っていた衛生管理のノウハウを、開業にあたり受け継いだものです。

太陽の塔でおなじみの万博記念公園内にあるホテル阪急エキスポパーク(大阪府吹田市)内のウェルネスクラブ・VITAに昨年登場した温浴施設「岩盤浴夢蒸楽インエキスポパーク」で週2回、営業終了後に散布している消毒剤のことです。

Agモイストは特に消臭効果が高く、最近では制汗スプレーにも含まれるなど、その効能は折り紙つきです。常に清潔な空間を保ち、お客様に安心してご利用いただくためにも、用途に応じた消毒殺菌を実施しており、Agモイスト以外にオゾン殺菌、植物性の殺菌抗菌剤などを用いるほか、岩盤表面をバーナーで焼く滅菌も行っております。これらは有馬ビューホテル「太閤夢蒸楽」で行っていた衛生管理のノウハウを、開業にあたり受け継いだものです。